PINE「2015-2016 autumn / winter」Collection

投稿日:

PINEの「2015-2016 autumn / winter」collectionは、
異素材とのコンビネーションやモダンなカッティング、
付属品も含めたディティールへのこだわりによって、
都会的でモダンなコレクションへと昇華される。

ブランドのオリジナリティを感じさせるボックス型のダブルのジャケットは、
細身のジャージーパンツと共に、肩張らない日常着として登場。

PINEの得意とする強めのテーパードをかけたタックパンツは、
今シーズンは梳毛のシングルジャケットと共に提案されている。

ベースボールキャップの延長となるようなデザインのウールハットは、
松村らしいユースカルチャーとのハイブリットアイテム。

ボリュームを大きく持たせたダウンコートのウェストには、
バックルベルトではなく、紐ベルト仕様にすることで、
西洋発祥である洋服に違和感を与えるデザインとなっている。

新しい提案となるレオパード柄は繊細で控えめな感覚に馴染むよう、リバーシブルに。

PINE「2015-2016 autumn / winter」Collectionは こちら >>

PINE「2015 spring / summer」Collection

投稿日:

デザイナー松村正大の感性をベースに、都会的でモダンなイメージと、
自然的で温かみのある要素を織り交ぜたプロダクトを提案するPINEの新作「2015 spring / summer」Collection。
素材、付属、縫製に至るまで日本で作られ、コレクション全体にわたり
繊細で革新的な日本の職人技や素材、細部へのこだわりを見ることができます。

オリジナルのパンチングレザーで造られるスウェードジャケットや
チタンコーティングにより防水加工を施したレインコート、コットンナイロンのフィールドジャケット、
これらの自然を彷彿させるウェアは、異素材とのコンビネーションやモダンなカッティング、
付属品も含めたディティールへのこだわりによって、都会的でモダンなアイテムへと昇華。

北海道の山々をインスピレーションに描きおろされた地図柄は、ネイビーとボルドーの2色でご提案。
コントラストが効いた温かみのあるグラフィックが、ホワイトベースのコレクションにアクセントを加えます。

ビンテージをベースに、クライミングのディティールとミックスさせ、
新しいプロダクトに生まれ変わった14オンスのデニムパンツは、
その他のディティールを省くことでミニマルに落とし込みました。

鯖江の職人技が感じられるアイウエアコレクションには、
マット加工のミラーレンズ等も加わり、spring / summer 2015 Collectionに彩りを添えます。

PINE「2015 spring / summer」Collectionは こちら >>

日本初上陸!「MAN TOKOYO 2015 Spring-Summer」START

投稿日:

パリ発のメンズ合同展示会「MAN(マン)」(年2回の実施を予定)は、
パリの合同展示会「Capsule(カプセル)」や「Rendez Vous(ランデ ヴー)」の立ち上げ、プロデュースを手がけたAntoine Floch(アントワーヌ・フロッシュ)が、
Romain Bernardie-James(ロマン・ベルナーディ=ジェームス)とOlivier Migda(オリビエ・ミグダ)とタッグを組んでスタートさせた合同展です。
「Lotuff Leather」や「No. 288」、「Mismo」など約50ブランドが参加し、国内ブランドとして[PINE]も出店します。

「MAN TOKOYO 2015 Spring-Summer」
・会期=2014.07.29-08.01
・時間=10:00-18:00 *8/1=10:00-15:00
・会場=明治記念館 東京都港区元赤坂2-2-23